腎臓結石の治療と予防

腎臓結石の治療と予防

腎臓結石は石が小さい(5mm以下)うちは尿とともに体外に排出されることが多いです。

 

ただし尿管を下降するときは激しい痛みが起こるため、鎮痛剤で痛みを抑えながら、水を多量に飲んで尿といっしょに自然に排出されるのを待ちます。

 

結石を溶かす薬が有効な場合も多くあります。

 

結石が大きい場合は、尿管から膀胱に下降できないことがあります。また腎盂にサンゴ状結石ができている場合などには、手術が必要となってきます。

 

手術方法は、現在では体外衝撃波によって石を破壊し尿とともに排出させる、または内視鏡を使って結石を取り出す方法が一般的な治療法となっており、開腹手術はほとんど行なわれていません。

 

どちらも短時間に終えて、入院の必要は無く、日帰りが可能な治療法なので結石の受けられる方は担当医に詳しく聞いてみるといいですね。

 

腎臓結石の予防

結石を予防するには脂肪を摂りすぎないことが大切です。塩分の摂りすぎも要注意です。野菜や青魚を積極的に食べるなどの日ごろからの食事を気をつけること、そして水やお茶など水分をしっかりとることが大切です。

 

ただしシュウ酸の多い紅茶は避けたほうがいいです。夏場は汗を多量にかくのでこまめに水分補給をしてください。

 

 

スポンサードリンク