親の遺産相続の手続き

親の遺産相続の手続き

遺産相続とは相続とは死亡した人(被相続人)の所有財産を子孫(相続人)が継承することをいいます。

 

遺産相続の手続きは死亡と同時に発生する問題であり親の遺産相続においてはトラブルがつきものです。

 

生前はずっと親と同居して面倒を見てきた長男が家を相続するのは当然だと主張する場合もあるでしょうし、兄弟が平等に相続されるべきと意義を唱える場合もあるでしょう。

 

仲の良かった兄弟であっても親の死後、突然遺産相続争いとなるのです。

 

遺産相続で争いが起こった場合には弁護士と相談してなるべく穏便に解決していきたいものです。

 

遺産相続には期限が決められています。相続の開始時期は死亡の時点から開始され、故人の財産は相続人の共有のものとなります。

 

相続人が決まれば財産相続の分配における手続きをしなければいけません。

 

遺産相続の手続きの流れを確認しておきましょう。

 

遺言状があればそれに従い、ない場合は法定相続分にしたがって相続人全員の合意のうえで決めるのが原則です。

 

法定相続分では配偶者が全体の2分の1を相続し、子どもたちは残り2分の1から分けることになります。

 

遺産をどう分けるかが決まれば遺産分配協議書を作成します。

 

遺産分配協議書には全員の署名と実印押印が必要になるため、相続人全員の合意が必要です。

 

もしも全員の合意が得られないなら家庭裁判所に対して遺産分割の調停・審判を申し立てることができます。

 

遺産とは現金や不動産、預貯金、株券などですが、その他に個人の借金も含まれます。

 

相続人は債務を引き継ぎ支払っていかなければなりませんが多額で支払うことができない場合は相続の放棄をすることができます。

 

遺産相続には期限があります。遺産分配協議書は10か月以内で、相続放棄は3か月以内となっています。相続の放棄する場合は相続開始から3ヶ月以内に家庭裁判所に申し立てを行います。

 

親の生前に遺産相続の話し合いをすることはあまり多くないのが現状です。多くの遺産があればあるほどトラブルは発生しやすいものです。

 

弁護士に相談することになるまえに、親が生前のうちにどう分配していくか兄弟で話し合っておくことが必要でしょう。

 

 

スポンサードリンク