婿養子と養子縁組をするときの届出

婿養子と養子縁組をするときの届出

親子でない他人同士が養子縁組届けを提出することで嫡出の親子と同じ関係になります。

 

結婚したとき妻の家で同居する場合、親の立場から「婿をもらった」と言うことがありますし、妻の姓を名乗る場合には「婿養子をもらった」と言いますよね。

 

「婿養子」の場合は養子がつくわけですから妻の親と養親子関係になったのですが、一般に言われる養子縁組とどういった違いがあるのでしょうか。

 

結婚し、妻の姓を名乗れば自動的に妻の両親と養子縁組をされたこととなるのでしょうか。

 

婚姻届を提出する際に、妻の氏を名乗ることを選択した場合、戸籍の筆頭者は妻になります。ところがこれだけでは正式な婿養子にはなれません。

 

現在には「婿養子制度」というものはなく、正式な婿養子となって妻の親が亡くなったときに遺産相続の権利を得るには妻の親と養子縁組届出をしなければなりません。婚姻と養子手続きの両方が必要になるわけです。

 

妻の親と養子縁組をしたからといっても、実親との相続権を放棄したわけではないため、妻の親、実の親の双方の遺産相続の権利を得ることができるわけです。

 

なんらかの事情で離婚に至って婚姻が解消されても、養親子関係は継続されます。この場合は離縁届が必要となります。

 

婚姻後に諸事情が発生することも踏まえて婿養子に入る前にはよく協議しておくことが大切です。

 

 

スポンサードリンク