養子縁組の解消方法

養子縁組の解消方法

養子縁組を解消する場合には「養子離縁届」の手続きが必要となります。

 

養子縁組を解消するには、養親または養子いずれかの死亡による離縁(単独離縁)、協議離縁、裁判による離縁があります。

 

裁判以外の場合には、2人の成人による証明が必要で、必要書類を本籍地もしくは住所地にある市町村役場に届け出ます。

 

養子離縁届を市役所等で入手し、用紙に記入、署名、捺印をして提出します。届出先は養親の本籍地か住所地、もしくは養子の本籍地か所在地の市町村の役所です。

 

養子が15歳未満の場合には、代理人によって届出されますが、その際、離縁後に養子の法定代理人になることを証明する書面が必要になります。

 

スポンサードリンク

特別養子縁組の解消方法

特別養子縁組を解消する場合には「特別養子離縁届」の手続きが必要となります。

 

特別養子縁組は原則としては認められません。ただし、養親による虐待といった「著しく養子の利益を害する事由」があること、そして「実父母が十分に養育できる」場合に限って認められています。

 

この場合は家庭裁判所の許可が必要です。許可が得てから10日以内に審判書の謄本および確定証明書を添えて届出をします。

 

特別養子離縁届の用紙は市役所等で入手し、用紙に記入、署名、捺印をして提出します。届出先は養親の本籍地か住所地、もしくは養子の本籍地か所在地の市町村の役所です。

 

スポンサードリンク