厄払いの時期、年齢

厄年の時期、年齢

厄年は人生の節目の年齢です。災難の多いと年と恐れることはありません。

 

社会的、身体的にも大切な時期にあたるため、厄払いの年齢になると神社に参拝して厄を追いはらい災難に遭うのを防ぎます。

 

厄払いの年齢

厄払いの年齢とは、一生のうちでもっとも病難災難に遭いやすい年齢をいいます。

 

男性は数え年の25歳、42歳、60歳。

 

女性は数え年の19歳、33歳、37歳。

 

それぞれの年齢を「本厄」といって、その前後の年齢を「前厄」「後厄」といいます。

 

特に男性の「42歳」と女性の「33歳」は大厄といって、前後の歳を合わせた3年間は特に注意が必要だといわれています。

 

※数え年とは
生まれた年を1歳とし、あと正月を迎えるごとに1歳ずつ加えた年齢です。42歳の厄年は満41歳になる年で、実際の年齢よりも一年早く厄を迎えます。

 

厄払いの時期

厄年には厄を取り除くために厄払い(厄落とし、厄除け)を行いますが、風習は地方によって様々です。厄払いは厄年を迎えた年のいつまでに行えばいいのでしょうか。

 

厄払いする時期は地方によって違いもありますが、一般的には本厄の年の年明けから旧正月までに行われるようです。お正月の初詣に厄払いのお参りをする人が多く見られます。

 

その他にも節分の日の夜、誕生日にお参りするようです。

 

前厄、本厄、後厄と3年続くわけですが、全てを厄払いするのでしょうか?

 

神社によっては前厄、本厄、後厄全てを祈願するようすすめているようですが、1回だけ祈願する場合は、前厄が良いそうです。

 

一般的にも一番多く厄払いをしているのは、大厄(男性42歳、女性33歳)の前厄の年のようです。

 

 

スポンサードリンク

TOP厄年は厄払いを