厄年に厄払いをしなくても大丈夫?

厄年に厄払いをしなくても大丈夫?

厄年に厄払いをしないと何か悪いことが起こるのではと不安になってしまうものです。

 

事故や病気になると厄払いをしなかったからと後悔をすることにもなるかもしれません。

 

厄年は最も災厄に遭い易い年齢だといわれています。

 

男性は25歳、42歳、女性は19歳、33歳が厄年です。そしてそれぞれの前後の年は「前厄」「後厄」といって要注意の年となります。

 

厄年だからといって必ず災難にあうかといえばそんなことはありません。根拠のないものだからと特に厄払いなどしない人も少なくありません。

 

厄年に当たる年齢は医学的にも肉体的バランスが変化する時期ですし、社会的立場からいってもストレスも多くなり変調が見られる年といえます。

 

厄年だからと特別に何かしなければならないという決まりはありませんが、厄払いをしないと気持ちが落ち着かないというのならしたほうがよいかもしれません。

 

風水からいえば厄年と言うのは人生の分岐点、転機ともなる年という考えもあるので、健康に気を配り、気持ちを引き締めて行動を起こすことが大切です。

 

厄年を迎えたとたんに体調が悪くなったり災難が続くようであれば、身体に厄が蓄積されたと考えて積極的に厄払いを行うようにしましょう。

 

厄払いというのは神社で災いをお払いをしてもらいます。その後さらに厄が降りかからないように厄除けのグッズなどを身につけます。

 

また普段の生活の中でもできる厄落としとして「早寝早起きをする」「家の中をキレイに掃除する」「足を洗う」「鏡を磨く」などがあります。

 

 

スポンサードリンク

TOP厄年は厄払いを