パワーストーンブレスレットは左右どちらにつける?重ねづけしてもいいの?

パワーストーンブレスレットは左右どちらにつける?

パワーストーンのブレスレットは左右どちらにつければ良いのでしょうか。効果に変わりはないのか気になるところですね。

 

パワーストーンを身につけることで、本来自分の持っているエネルギーを高めることが出来きます。

 

左右どちらにつけても石のパワーは活用できますが、実はパワーストーンはつける場所で効果は変わります。

 

指輪の場合はどの指につけるかで効果が変わるように、ブレスレットの場合は左右の位置で違う効果を得ることができます。

 

左手の場合は自分の中にパワーを溜めたいときにつけるとよいでしょう。精神的にリラックスしたいときや健康面が気になるときですね。右手は対外的に積極的にアピールしたいときにつけると良いでしょう。

 

大概は利き手でない方、左手につける人が多いように思います。毎日つけることが多いため邪魔にならないほうにつけるのかもしれません。

 

パワーストーンブレスレットを左右どちらかで効果が変わるとわかっていれば、その日の体調や気分で変えることで石の持つ力をさらに引き出すことができますね。

 

ブレスレットは重ね付けしても大丈夫?

パワーストーンは石によって色や形によって効果もいろいろです。

 

パワーストーンブレスレットには様々な石が活用されていますから、金運や愛情運などの意味合いが込められているものがたくさんあります。

 

見た目も可愛いからついつい何本も買われている人も多いのではないでしょうか。

 

中には何本も重ねづけされてる人もいますけど、パワーストーンの効果は倍増するのか、それとも効果は半減するのか気になるところです。

 

結論からいうと重ねづけはOK!

 

パワーストーンは相性の良い石を複数組み合わせることで相乗効果を得ることができるのだそうです。

 

ブレスレットも多数の石の組み合わされたものも多くありますよね。重ねづけする場合には石同士の相性を調べておく必要がありそうです。

 

ただしあれもこれもと過剰につけるのは見た目にはどうでしょう。
お洒落、個性、という表現がありますが、願いを込めたパワーストーンブレスレットであればその日の体調や服装などと吟味した組み合わせがベストだと思います。

 

 

スポンサードリンク

TOP厄年は厄払いを