神社の厄払いの方法

厄払い 神社での参拝方法

厄払いの方法には地方によっていろいろなしきたりがありますが、一般的には神社へ参拝して祈祷してもらうか、寺で護摩をたいてもらいます。

 

神社で祈願祈祷をしてもらう場合は、祈願料は個人で5000円以上、または規定の料金のお礼を包みます。表書きは「初穂料」「玉串料」「祈祷料」とします。

 

神社での参拝方法

拝殿の外からお参りする「社頭参拝」と拝殿に上がってお祓いを受ける「昇殿参拝」とがあります。

 

厄を払うには、お祓いを受けないとご利益がないということはありません。ただ厄年の人や前年に不運があった人は初穂料を収めて祈祷してもらうほうが安心できるかもしれません。

 

また、神社に参拝した時に、日頃身につけている小物やお金を人に気づかれないように捨てて厄を落とすという方法もあります。厄除けのお守りを買って身につけたりする場合もあります。

 

 

神社に参拝するときの服装

厄払いで神社に参拝するときの服装に、特別な決まりはありませんが、神社への参拝は神様にあいさつに行くものです。

 

その場に相応しい服装で行くのがマナーです。大げさにする必要はありませんが自分にとっての晴れ着を選んで参拝に行きましょう。

 

 

スポンサードリンク


TOP厄年は厄払いを