うつ病の人への接し方

うつ病(鬱病)の人への接し方と禁句

うつ病,うつ病の人,接し方,禁句,家族,友人,言葉,対応,症状

うつ病は接し方が大切です。大切な家族、友人、恋人への対応を間違えないように。

 

またうつ病の患者さんへの接し方では禁句な言葉があります。

 

「頑張れ」「大丈夫だ」「しっかりしろ」「やればできるよ」という言葉で励ましたりすることが逆にうつ病の人にとっては「こんなに頑張っているのに、まだ頑張るのか」とますます気分を落ち込ませてしまうのです。

 

うつ病はこころの風邪といわれています。しかし心の弱さではありません。まじめで責任感が強い性格の人ほどうつ病になりやすいといわれていますし、最近は芸能人でもうつ病であることをカミングアウトするほどポピュラーな病気です。

 

スポンサードリンク

うつ病の家族への接し方

家族への接し方は、まず一緒に病院へ受診することです。気持ちが落ち込んでおり無気力な状態ですから、病院へはなかなか行く気にはならないかもしれませんが、家族が病院を探し、予約し、なんとか連れていくことが大切です。

 

心療内科で診察してもらうまでが一つのハードルになります。医師には今後の接し方を相談してみましょう。

 

うつ病でこわいのば自殺です。死にたいという願望はうつ病の患者さんによくある症状で、特にうつが回復した頃が心配だといわれます。自殺はある意味気力がないとできないものです。無気力、無関心である頃よりも治りかけた回復期の頃が注意が必要なのです。

 

またうつ病の接し方や対応で大切なのは、なまけているのではないと理解することです。仕事や学校を休職させたり休学させたり一時的に休養させて、あたたかく見守ってあげてください。励ましたり、また責めたりすることは避けるようにしましょう。

 

うつ病の友人・恋人への接し方

友人や恋人への接し方は、普段のままで普通に接してあげてください。時には孤独で寂しがっているときには話を聞いてあげてください。ただし強引に誘ったり励ましたりしないように気をつけましょう。

 

もし病院への付き添いを頼まれるようでしたら、同席して一緒に医師の話をきてあげるとうつ病への理解にもつながります。そして恋人の場合は、愛していることを言葉にして言ってあげてください。

 

 

スポンサードリンク