更年期障害の症状

更年期障害の症状

更年期障害の症状は、人によって様々です。生活に支障をきたすほどの場合もあれば、「更年期なんてなかったわ」などとほとんど自覚症状がなく過ごせる人もいます。

 

更年期障害の原因は、卵巣の機能が低下し、それに伴いホルモンのバランスが大きく崩れ、自律神経に異常をきたすためです。

 

更年期を迎える40代から50代は、女性にとっては一言では表現できない時期です。

 

夫はまだまだ多忙であり、子供は受験であったり、就職の時期であったり、親離れ、自立の時期でもあるでしょう。親の介護の問題にも直面したり、自分自身の老いの不安、将来の不安なども考える時期ですよね。

 

そんな精神的な不安な時期と思いっきり重なってしまう更年期障害をもっと知っておかなくては・・・
そして大切なのは、我慢しないこと!

 

症状は人によって様々なのですから、自分でつらいな、きついなと感じたら、悩まないでお医者様に診てもらいましょう。

 

仲の良い友人に相談してみる、というのもいいですよ。「私もそうなのよ」と言われてどんなに救われたことでしょう。明るく楽しくそして美しく、一緒に更年期を乗り切っていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

ホットフラッシュ

更年期障害の最も典型的な症状です。ちょっとした不安などで顔面や胸のあたりがカーと熱くなり、体の温度調整がうまく働かずますます暑くなり、頭がのぼせたり、汗をかいたりします。汗がでる場合は、上半身が多くでるようですが、着替えをしなければならないほど出る場合もあります。

 

皮膚の乾燥・かぶれ

皮膚が乾燥したり、乾燥のため洗剤にかぶれやすくなり、主婦湿疹になってしまうこともあります。口の中が乾いて舌に痛みを感じることもあります。

 

月経異常

月経の周期が乱れてきます。まず月経の間隔が短くなります。その後、徐々に間隔が延びていき、40日間隔、50日間隔と延び、閉経を迎えます。

 

不眠・疲労感

なかなか眠れなかったり、眠りが浅く夜中に何度も目が覚めてしまいます。熟睡できないので疲労感が残り、朝になかなか起きれません。集中力が低下することもあります。

 

頭痛・動悸・息切れ

締め付けられるような頭痛や、横にならないと我慢できないような痛みの頭痛。激しい運動などしていなくても突然息切れや動悸が起こることがあります。

 

倦怠感・無気力・憂うつ

食欲がなくなり、何をする気にもなれず、人に会うのがおっくうになり家に閉じこもってしまうようになります。性欲も減退し夫との関係がぎくしゃくとし、また物事を悲観的にとらえるようになり、ふさぎこんでいっていまいます。