軽いうつ病?軽症うつ病の症状

軽症うつ病の症状

軽いうつ病,軽症うつ,症状,頭痛,肩こり,仕事,軽うつ

軽症うつ病(軽うつ)と呼ばれるうつ病が増えています。うつ病にくらべると症状は軽いものです。

 

軽症うつ病の症状はだるい、頭痛がする、肩こり、胃が痛いといった原因のわからない身体症状があらわれるのが特徴です。

 

 

表情や態度には憂うつ症状はあまり目立つことはなく、食欲も極端には低下しない、他人との付き合いも無理すればできます。

 

このように軽症うつ病は仕事や日常生活は普通に送ることができ、外見的にうつの症状は目立たないので、周囲にも気づかれにくく治療が遅れてしまいがちです。

 

体調が悪いといって受診してもなかなか適切な治療もされないことも多いようです。症状が軽いといっても治療をしなくても、すぐに改善するというわけではありません。本人にはたいへん苦痛なものです。

 

うつ病同様に、軽うつの場合もうつ病になりやすい性格をもっているため、自分を追い込み精神的に苦しんでしまいます。

 

うつ病は早期に治療を受けほうが回復も早いものです。軽症うつ病は適切な治療が行われば症状はかなり改善されます。

 

受診しようとしたとき何科にいけばよいか悩むかもしれません。倦怠感やおっくう感、頭痛、肩こり、胃痛などの症状があっても一時的なものかもしれないとためらいながらも、最初は内科を受診することが多いかもしれません。

 

このような身体症状があって内科で検査を受けたとき、異常はなくても症状が続く場合には心療内科を受診しましょう。

 

 

スポンサードリンク