うつ病回復期

うつ病回復期の過ごし方

うつ病,回復期,休養,過ごし方,付き合い方,完治,職場復帰,家族,仕事,再発

うつ病の回復期の過ごし方には注意が必要です。

 

家族から見ても改善の兆しが見えたと思える時期であっても、うつ病の回復期は波があるものです。

 

本人から意欲的な行動や言葉が出るようになると家族も安心してしまいがちですが、勝手に薬をやめて悪化する場合もあるので最後まで注意して過ごすことが大切です。

 

軽症のうつ病の場合には1ヶ月〜3ヶ月で回復の兆しが現れてきます。とはいえすこし改善したかなと思ってもまた調子を悪くしたり、という状態が続くものです。

 

回復期は全快しているわけではないことを周りも理解し、外出や旅行に強引に連れ出さないよう気をつけたいもの。あくまでも本人が行きたい、という気持ちになることが大切なのです。

 

スポンサードリンク

最初は不眠や不安な気持ちが改善されていき、さらに気持ちが落ち込んだ抑うつ状態がなくなっってきまが、うつ病の回復期は元気に見えても抗うつ剤の薬が効いているのであって 完治ではないということを理解しなくてはいけません。

 

しばらく「おっくう感」は残るものなので、やる気が出ても再び重い気持ちになることで「このまま治らないのでは、悪くなっているのでは」という気持ちになってしまうことが多いのもうつ病の回復期にはあることです。

 

この時期は何もできなかった状態からは脱出しているので、自殺の問題でも家族は目を離さず気をつけたい時期でもあります。

 

おっくうな時期もようやくなくなり自分からやっていきたいという気持ちになってきてようやく完治となりますが、長く服用してきた抗うつ薬は医師と相談しながらやめていく必要があります。一度にやめるとぶり返すこともあるため症状がなくなってしばらく服用を続けることが大切です。

 

うつ病の職場復帰

つ病になったら対策は休養が第一です。勤めている場合には休職して治療に専念します。早期に治療できれば完治も早くなるのです。

 

自己診断や判断で無理せず早期に社会復帰するためにも医師や上司とも相談し診断書を提出して休職手続きを取りましょう。迷惑をかけるからと仕事をやめてしまう場合もありますが違う職場への転職よりも同じ職場のほうが復帰しやすいようです。
   ⇒職場復帰のタイミング

 

うつ病も回復すると職場復帰や再就職となります。以前と同じペースではなく少しずつ慣らしていくことが復職には大切ですので上司や周囲の協力も必要なものといえます。できれば本人、医師、上司と勤務条件を話し合い、徐々に仕事量を増やしていくようにしましょう。

 

またうつ病は再発しやすいため、無理して仕事に復帰することは避けたいものです。発症したきっかけとなったストレスをよく考えて、仕事であるなら今後は疲れたら休暇を取ったりと頑張りすぎないようにしましょう。そして再発かな、と異常を感じたときにはすぐに受診してください。

 

 

スポンサードリンク