通夜に参列する

通夜の日程と流

葬儀の日程は死亡当日が近親者だけの仮通夜、翌日が本通夜、翌々日が葬式・告別式、火葬が一般的ですが、友引の日や年末年始の場合は日程が延長させることがあります。友引きは「死者が友を引く」という意味から火葬場の休業日となるためです。

 

通夜は、式場で行われる場合は、遺族も帰ってしまうことが多いようですが、自宅で行われる場合では、遺族が夜通し故人に付き添うことも少なくありません。現在では亡くなった当日を仮通夜として身内だけで過ごし、翌日に弔問客を呼ぶ通夜を行うケースが主となってきてます。

 

スポンサードリンク

通夜の流れ

 

通夜の受付の準備   
  通夜の30分前には設置する    
           ↓
僧侶の到着        
  祭壇の飾り方の確認。通夜の進行の打ち合わせ。    
           ↓
一同着席    
           ↓
僧侶読経・焼香    
           ↓
遺族、参列者の焼香    
           ↓
喪主の挨拶    
           ↓
通夜ぶるまい

通夜の準備を行なう

自宅での通夜を行なう場合、急いで通夜の準備をしなくてはいけません。通夜での細かい準備などは親戚や友人に世話役を頼みましょう。

 

祭壇をしつらえる部屋、僧侶や弔問客の控え室を用意します。 枕飾りや祭壇は葬儀社で準備してくれるので、葬儀社と打合せて選びましょう。

 

玄関はきれいに掃き清めて、仏式や神式では「忌中」の札を貼ります。玄関先に受付を設置の他、迷惑かけることもあるので、 近所の人にも挨拶をしておきましょう。

 

遺体は死化粧、死装束を整え、頭を北枕にして安置します。

 

喪主は遺体の傍らで弔問客を迎え、親しい人には別れの対面をしてもらいます。とりあえずの弔問を受ける間は地味な服装でかまいませんが、 通夜の前には喪主、遺族ともに正式喪服で僧侶の到着を待ちます。

 

 

スポンサードリンク

TOP 通夜に参列する