香典を辞退されたときの対応

香典を辞退されたときの対応

故人や喪主の意志、また喪家の事情によって香典や供物、弔花を辞退する場合があります。

 

最近は家族葬が増える傾向もあって香典を辞退するケースも少なくありません。

 

その場合の対応は、意志に従うのがマナーです。無理に贈ってはいけません。

 

喪家から通夜・葬儀・告別式の通知状や新聞の死亡欄に「ご厚志お断りします」という文面があった場合は「香典、供花、供物はいっさい受け取りません」という意味です。

 

何も持たないで弔問し記帳だけにします。もしも香典を持参すれば予定外の香典返しが必要となってしまいます。辞退があったらその意志を尊重しましょう。

 

「供花、供物は辞退させていただきます」とあれば、「供花、供物にかぎっては受け取りません」という意味です。この場合は香典は持参します。

 

香典辞退だけでなく参列もできない場合

家族葬では香典辞退だけでなく参列もできない場合もあります。

 

遺族から故人の意志で葬儀をしなかったなどの通知が届いたときには、取り急ぎお悔やみの手紙を出すようにしましょう。

 

故人との関わりが深くなにか弔意を表したいときには、葬儀後に弔問に伺うといいでしょう。

 

香典は負担となりますので、時機をみて故人の好きだった花や果物、お菓子などを持って伺いましょう。

 

 

スポンサードリンク

TOP 通夜に参列する