通夜 受付係

通夜 受付係の仕事

通夜は本来は遺族や近親者、親しい間柄だけで行われるものでしたが、近年は通夜から受付を設けて一般客に対応するようになっています。

 

このため通夜、告別式をスムーズに進行させるため世話役が必要となります。受付係りの仕事は弔問客にあいさつをして香典、供物、供花を受け取ります。また記帳簿の管理、整理を行います。

 

世話役は一般的には親類や友人、 勤務先の人、近所の人などに頼みますが、受付係りは丁寧な対応ができる人が適任で、遺族の勤務先や近所の人から2〜4名お願いします。

 

通夜・葬儀 受付の仕事

 

弔問客の受付は通夜開始時間の30分前から始まるので、開始の1時間前には式場に到着します。控え室やトイレの場所を聞かれたとき答えられるように場所の確認をしておきます。

 

始まったら、受付係の方はイスに座らずに立って弔問者を迎えます。受付係は遺族の代理という立場で対応します。会葬者名簿に記帳していただき、香典は両手で受け取ります。

 

弔問客が「ご愁傷様です」とかお悔やみの言葉を述べられたら、「ありがとうございます」と弔問に来て頂いたことに対するお礼を述べて軽く頭を下げます。

 

通夜や葬儀の最中は多くの人の出入りがあるため、香典の保管には十分に注意をしなくてはいけません。受け取った香典は香典帳に記載し整理が終わったら事前に決められた遺族の人に直接手渡します。

 

受付の服装は、遺族の立場としての喪服となります。勤務先から式場に直行する場合の略式喪服でも、きちんとした黒のスーツ、ワンピースを着用します。

 

 

スポンサードリンク

TOP 通夜に参列する