通夜ぶるまい

通夜ぶるまい

通夜のあとは、「通夜ぶるまい」といって故人と親しい人が集まって食事をともにする席を設けます。

 

地方によっては通夜ぶるまいを盛大に行うところもありますが、一般的には簡略され、通夜が終わって1〜2時間で切り上げます。

 

通夜振る舞いは故人への供養だけでなく、弔問客へのお礼とお清めの意味が込められているので、 遺族から誘われたときには遠慮せずに席に着くのがマナーです。一口でも料理に箸をつけて故人を供養します。

 

通夜ぶるまいの席ではお酒が出されますが、宴会とは違うのでしめやかに過ごします。途中で退席するときは喪主や遺族に挨拶して、 静かに席を離れます。

 

通夜ぶるまいの料理

以前は精進料理でしたが最近ではあまりこだわらず、刺身や寿司なども出されるようです。ほとんどは仕出し屋に頼むことが多く、手軽につまめる寿司やオードブル、
おにぎり、サンドイッチなどを出します。お清めの意味でビール、日本酒などのアルコール類も用意します。

 

通夜ぶるまいを行わないとき

最近では通夜ぶるまいを行わないケースもあります。その場合は代わりに弔問客に粗供養品を用意することもあります。一般的には折詰弁当とお茶、酒などですが、ほかにも商品券やビール券、品物が選べるギフトカタログなど様々です。

 

 

スポンサードリンク

TOP 通夜に参列する