香典返しをしない場合

香典返しをしない場合

香典返しは必ずしないといけないものではありません。

 

一般にはいただいた香典の3分の1から半額くらいの品を忌明けにお返しします。
(地方によっては香典返しの習慣がないところもあるようです)

 

故人の意志や家族の希望で、香典を寄付した場合には香典返しは不要です。

 

その場合、葬儀に際して香典や供物はお断りすると明示しておく必要があります。

 

あるいは夫を亡くしまだ小さな子どもに養育費が必要であるなどの経済的な問題から香典返しをしない場合もあります。

 

香典返しをしない場合でも挨拶状は郵送します。忌明けの挨拶状に寄付した旨や寄付先を書き添えておくといいでしょう。

 

故人の遺志で香典を寄付した場合はそのことも書き添えておきます。

 

香典返しをしない理由が寄付である場合、寄付先によっては香典をいただいた方の不興を買うこともあるかもしれません。

 

一般的には故人ゆかりの事業や社会福祉施設を寄付先として選ばれますが、社会的にも認められた事業団体であることが大切です。自治体の福祉課などにも問い合わせよく検討して決めましょう。

 

 

香典返しをしない場合に書き添えておく文例

 

「本来ならばご弔慰へのお礼をさせていただかなければならないところですが、子どもたちの養育費にあてさせていただきたく存じます。ご理解いただきますようお願い申し上げます」

 

 

寄付した場合に書き添えておく文例

 

「まことに勝手ではございますが、故人の意思により、○○福祉財団に寄付いたしました。皆様のご厚情へのお礼にかえさせていただくことにいたしましたこと、なにとぞご了承いださいますようお願い申し上げます。」

 

 

スポンサードリンク

TOP 通夜に参列する