香典金額の相場は?香典袋の書き方は?

香典金額の相場

香典,金額,目安,相場,いくら,連名,親族,香典袋,書き方,表書き

香典にいくら包めばいいのか悩む場合が多いと思います。
お香典の額は地方の習慣によって差があります。 また故人や遺族との関係によって変わってきます。

 

お香典金額の相場は下記の通りです。これらを目安に葬儀に参列する際の参考にしてみてください。

 

 

香典金額の相場

祖父母 2〜3万円
両親 5〜10万円
兄弟姉妹 3〜5万円
おじ・おば 1〜3万円
その他の親戚 1万円
職場関係とその家族 5千円〜1万円
友人とその家族 5千円〜1万円
隣人 3〜5千円

 

香典に入れるお金は4と9の数字は避けます。 親族への香典はバランスを取るために相談して金額を決めておくほうが無難です。香典の金額をいくらにしようか迷ったときには、「弔事には多く」と昔から言われるものなので少し多めに包みましょう。

 

職場関係の場合、上司と同額やそれ以上の金額では失礼にあたるので注意してください。

 

友人や職場仲間が集まって連名で香典を出す場合は、3〜4人まで。 連名で出すのに少額であるということは避けましょう。

 

スポンサードリンク

香典袋書き方

香典袋の書き方も葬式の形式によって様々です。香典の表書きは薄墨で書くのがマナーで、ボールペンは使用しません。薄墨筆ペンが便利です。

 

水引きの上中央に相手の宗教に合わせて、仏式では「御霊前」「御香典」「御香料」と書きます。神式は「御玉串料」「御榊量」、キリスト教式は「お花料」と書きます。葬式の宗教に合わせて選びますが、わからない場合には「御霊前」とします。

 

名前はフルネームを、水引きの下中央に楷書で書きます。香典袋の表書きを連名で書くときには3名までにしましょう。それ以上の場合は個別にする方がいいです。連名で書く場合には、「○○一同」「○○会」といった団体名で書きます。そのときに全員の名前、住所を別紙に書いて中に入れます。

 

香典袋種類

葬式、葬儀の形式は宗教によっても違います。宗教によって香典袋の種類も違うので相手の宗旨の確認が必要です。

 

仏式なら白無地か蓮の花が印刷された不祝儀袋を使います。水引は白黒か銀一色(双銀)の結び切り。

 

神式は白無地に白黒か銀の水切りの不祝儀袋を使います。

 

キリスト教式はゆりの花と十字架が印刷された不祝儀袋を使用します。また白無地に白黒か銀の水切りの御祝儀袋はどの宗旨にも使えます。

 

 

スポンサードリンク


TOP 通夜に参列する