香典のマナー・通夜と香典

通夜の香典について

通夜,香典,マナー,お札の向き,入れ方,包み方,ふくさ,入れ忘れ,渡し方,新札

通夜、葬儀のどちらに香典を持参すればよいのか?通夜に参列するのなら、そのときに香典を持参します。

 

通夜、葬儀どちらにも参列するなら 最初の通夜に香典を持参するのが一般的。葬儀では記帳だけしておきます。

 

いつ持参しなくてはいけない、という決まりはありませんが、訃報を聞いて 駆けつける「とりあえずの弔問」に香典を持参するのはタブーです。

 

スポンサードリンク

香典の渡し方

礼儀として「香典の渡し方」に注意しましょう。 通夜の香典の渡し方ですが、葬儀のときと違って受付をする方がいない場合もあります。その場合には香典は祭壇に直接置くことになりますが、香典は表書きが自分が正面となるように置きます。

 

受付がある場合には表書きは受付の方が正面になるように手渡しします。 香典を渡すときには必ずふくさに包みます。受付ではお悔やみの言葉を述べて手早くふくさから取り出し、名前が先方に向くように差し出します。

 

正式にはふくさに包んだまま相手に正面が向くように向きを変えて渡しますが、参列者が多いと受け取った側も、ていねいにふくさを返すのは大変なので、一般的には事前にふくさから取り出して渡すのが略式マナーとなっています。
   ⇒香典の相場・香典袋の書き方

 

香典の包み方とお札の向き

葬式、葬儀の作法を問われるのが、香典の包み方です。香典は正式では、お札を半紙に包んで、さらに奉書紙で包んで白黒の水引をかけます。

 

香典の上包みは、奉書紙を2つに折って、3等分にします。香典を入れた中包みを中央に置き、左から折ります。奉書紙の端が揃うように右も折ったら、上下を折り返して水引をかけて中央に表書きします。

 

市販の不祝儀袋は添付されている封筒を使用すればいいです。 印刷された香典袋であっても、お札の入れ方や、お札の向きを間違えないように注意しましょう。

 

お金はなるべくきれいなものがいいのですが、新札は避けましょう。どうしても新札しか無いと言う場合には、新札に一度折り目を付けた物を使用する様にしましょう。

 

また香典袋にいれるときのお金の向きに悩むことがあります。お札の向きは揃えて表を上にして袋に入れます。お葬式の時はお札を裏返して入れるともいわれますが、お香典は死者にお供えするものですから、逆さにしなくてもお祝いと同様にお入れ下さい。

 

香典の中袋の裏には住所、名前、金額を書きます。先方が香典の整理しやすいよう丁寧に書きましょう。

 

市販の不祝儀袋の場合も注意したいのは裏側の折り返し部分。上包みの折り返しは下向きになるように折ります。逆だと慶事用になるので気をつけます。慶びは上向き、悲しみは下向き、です。

 

香典ふくさの包み方

香典は弔事用のふくさか小さな地味な色の風呂敷に包んで持参します。 包み方は慶事とは逆です。便利な、略式のポケットふくさを利用してもよいですね。

 

ふくさを広げたとき「つめ」が左側になるようにして、中央に表向きに不祝儀袋を置きます。 右側の角をとって中央に折り、次に下側の角をとって中央に置きます。 上の角をとって中央に被せ、左側の中央を折ってかぶせるように包み、つめがついている場合はかけて止めます。

 

香典の中身を入れ忘れた場合

香典の中身を入れ忘れるなんて、絶対にあってはならないことですが、万一、通夜に出席した後に気づいた場合には、お葬式に出席して理由を話してもう一度香典を渡しましょう。

 

葬式も済んだあとに気づいた場合、もし会場が近いようならその日のうちに持っていくか、後日に先方に伺ってていねいにお詫びをしたうえで霊前に供えましょう。遠方の場合には、気づいた時点ですぐにお詫びの手紙を添えて、香典を郵送するようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク


TOP 通夜に参列する