訃報のお知らせが届いたら

訃報のお知らせが届いた時の対応

訃報,お知らせ,届いた,連絡,駆けつける,弔問,対応,職場

訃報とは死去を連絡するお知らせのことです。

 

訃報の連絡がくるのは、親戚や特に親しい人に限られます。

 

肉親や近親者、親しい友人の場合は、場所を確認して、喪服を持参し、地味な平服ですぐに駆けつけます。

 

一般的な友人、知人の場合は、訃報のお知らせを受けたら、まずお悔やみを述べて通夜や葬儀の日程、場所、葬儀の形式を確認し通夜に弔問します。

 

遠方に住む近親者が亡くなった場合には、通夜に間に合うか、葬式には出席できるか、到着時間をすぐに伝えておきましょう。

 

遺族には故人の交友関係は意外と分からないものなので、遺族から連絡をもらったときには、次に連絡してほしい相手を尋ねておきます。

 

スポンサードリンク
訃報の連絡事項

突然の訃報は受けた方も動揺するものです。訃報の連絡事項は必ずメモしておきましょう。

誰が、いつ、どこで亡くなったのか
通夜、葬儀、告別式の日時と場所
喪主はだれか
最寄の駅
葬儀の形式(さりげなく聞く)

 

訃報の連絡を受けた場合、故人との関係によって対応が変わるものです。肉親や親しい関係であれば、すぐに弔問に駆けつけます。

 

突然のことなので、とりあえずの弔問に喪服を用意する必要はありません。遺族側は通夜や葬式の準備に追われているところですから、喪服を着用して弔問にうかがうのは失礼にあたります。

 

香典や供物を持参をするのは避けましょう。用意周到と思われ失礼にあたるので、あらためて通夜のときに持参します。

 

遺族以外から訃報の連絡を受けた場合、お悔やみや不明な点の確認のためでも、故人の身内に電話をするのはタブーです。

 

職場関係者の訃報を受けたら

職場関係者の親族の訃報の知らせを受けたら、本人が喪主になるかも確認し、本人の所属部署、同僚などへ報告しておきます。

 

仕事関係者であれば、とりあえずの弔問に駆けつける場合の服装は、男性の場合は会社から直行であればビジネススーツと地味なネクタイで十分です。女性も地味なスーツ、ワンピースにします。アクセサリー、派手なメイクは厳禁です。

 

弔問の際に、職場からの手伝いは何人くらい必要であるかも聞いておくようにします。

 

 

スポンサードリンク


TOP 通夜に参列する