不祝儀袋の種類と表書き

不祝儀袋の種類と表書き

葬儀の形式は宗教によって違います。不祝儀袋も宗派によって決まりがあるので、通夜や告別式に持参する香典は相手の宗教にあわせた不祝儀袋に包みます。

 

【仏式の不祝儀袋と表書き】

 白無地か蓮の花の絵柄つきの不祝儀袋
 水引は黒白または双銀の結び切り
 表書き 「御香料」「御香典」「御霊前」

 

 浄土真宗は通夜・葬儀ともに「ご仏前」

 

【神式の不祝儀袋と表書き】

 白無地のご祝儀袋
 水引は双白の結び切り
 表書き 「御玉串料」「御神前」「御霊前」

 

【キリスト教の不祝儀袋と表書き】

 白無地封筒か、ゆりの花と十字架が印刷された専用袋
 表書き 「お花料」

 

 カトリックの場合は「御ミサ料」でもよい

 


 

弔事の水引は「不幸が二度とないように」という意味で解けない結び切りを使い、のしはつけません。キリスト教は水引は使いません。

 

相手の宗教がわからないときは、各宗教共通の、白無地に黒白か双銀の結び切りの水引のご祝儀袋を使用します。表書きは「御霊前」にします。連の絵柄つきの包は仏教以外は使いません。

 

※「ご仏前」の表書きはは浄土真宗では使われますが、一般的には四十九日以降の法要で使われます。

 

 

スポンサードリンク

TOP 通夜に参列する