通夜に参列する

通夜に参列するときのマナー

通夜,参列,服装,香典,受付,代理,金額,遅刻,表書き,相場

通夜に参列するときの作法を身に付けておきましょう。

 

通夜とは、故人と最後の一夜を過ごす別れの儀式という意味合いを持っているので、本来ではごく親しい人だけで行なうものです。

 

一般の弔問客は通夜には出席しないで告別式に だけ参列するものでしたが、最近の流れでは葬式、告別式に仕事の都合で出席できない場合も多々あるため、通夜から受付を設けて一般の弔問客も対応する傾向になってきています。

 

また葬儀の日取りが友引となるのを避けるため亡くなった当日は「仮通夜」として遺族や親しい人だけで行い、翌日に「本通夜」として二晩にわたって通夜を行なう場合もありますが、その本通夜も「半通夜」といって午後6時や7時ころから2時間程度行なわれるのが一般的のようです。

 

スポンサードリンク

通夜に参列する

通夜に参列する場合には、会場には通夜の開始時間の10分前には到着するのがマナーです。親しい間柄であるなら早めに到着して通夜の時間を待つようにしたいもの。

 

通夜に参列したらまず受付で記帳を済ませます。受付では「このたびはご愁傷様でございます。ご霊前にお供えください」と、簡単なあいさつとお悔やみの言葉を述べます。香典はふくさから取り出して差し出すときは名前が先方に向くようにします。

 

通夜の会場では祭壇に向かって右側が遺族や近親者、左側に世話役、友人、知人の席順で、後ろの席が一般弔問客になります。 通夜には知人と誘い合わせて参列することも多いでしょうが式の間はおしゃべりは厳禁です。

 

僧侶が入場し読経が始まると焼香が始まります。遺族や近親者はゆっくりと焼香をしますが、 一般の弔問客は焼香がとぎれないように続けて焼香台に向かいます。
      ⇒ 焼香の順番と仕方

 

それほど親しい関係でない場合には僧侶の読経後に退席しましょう。 通夜のあとは、「通夜ぶるまい」といって故人と親しい人が集まって食事をともにする席が設けられることが多く、遺族から誘われたときには遠慮せずに席に着くのがマナーです。

 

通夜の参列に遅刻してしまった場合、通夜は僧侶の入場、読経、焼香という流れで続くので、開始時間から30分くらいであれば静かに一般焼香の列に着席します。ただし受付に誰もいない場合には、遅刻を詫びて遺族に直接お香典を手渡しし、可能であれば焼香(線香)をします。

 

親しい関係であっても都合でどうしても通夜に参列できない場合には電報(弔電)を打ち、初七日までに届くように香典を郵送します。

      ⇒ 通夜、告別式を欠席するとき

 

通夜に参列するときの服装

通夜の服装は準礼装でもかまいません。突然の知らせで駆けつける場合は、喪服よりも格の低い略礼装のほうがいいとされています。礼服のブラックスーツや濃紺、グレーのダークスーツが略礼装です。

 

仕事先から通夜に参列する場合、勤務中は紺のスーツやワンピースにアクセサリーをつけておいても、通夜ではアクセサリー類ははずします。ネクタイは黒に。たとえ急な知らせであっても、場違いな服装にならないように気をつけたいものです。

 

通夜や葬儀の受付係を引き受けた場合、遺族の立場で弔問客を迎えるので、服装はきちんとしたスーツやワンピースを着用します。台所などの裏方仕事の場合はエプロンを持参してブラウス、黒のスカートでかまいません。

 

通夜に参列するとき香典は

香典はいつ持参するかという決まりはないようですが、最初の弔問のときに持参するのが一般的です。訃報を聞いて駆けつける「とりあえずの弔問」には香典を持参することは避けてください。

 

それ以外では通夜、葬儀のどちらでもよいですし、どちらも出席されるなら最初の通夜に参列するときに香典を持参して行き、その後は記帳だけしておきます。
      ⇒ 香典のマナー)

 

不祝儀袋は仏式では「御霊前」「御香料」「御香典」、神式は「御神前」、キリスト教は「御花料」と宗旨によって表書きの書き方も変わってきます。宗旨がわからない場合にはいずれでも使える「御霊前」にします。香典の金額の相場は友人、知人が5000円、親戚、上司は1万円、隣人は3000円となっています。
      ⇒ 香典の金額と香典袋の書き方

 

スポンサードリンク


TOP 通夜に参列する