通夜の喪主の挨拶

通夜ぶるまいの喪主の挨拶

通夜の式のあと、弔問客へのお礼と故人の供養のために「通夜ぶるまい」で酒や食事でもてなしをします。

 

通夜ぶるまいでは喪主は弔問客にあいさつをします。

 

あいさつの内容は

 

@弔問していただいたお礼
A故人が生前にお世話になったことへの感謝とお礼
B通夜ぶるまいの案内
C葬儀の案内

 

通夜ぶるまいの開始時での喪主の挨拶例文

「本日はお忙しいなか、ご弔問いただき誠にありがとうございました。
亡き父もさぞかし安心することと存じます。
存命中のご厚情に対しまして故人に代わりまして、厚くお礼を申し上げます。
ささやかではありますがお食事の席を用意しておりますので、お召し上がりながら亡き父の故人の思い出話などをお聞かせいただければと存じます。
本日はありがとうございました。」

 

通夜ぶるまいは以前のように夜通しで行なわれることはなく、一般的には1〜2時間で終えることが多いようです。なかなか帰るきっかけというものは難しいものなので、予定の時間が少し過ぎてから喪主か遺族代表が、無事に通夜が済んだ報告とお礼を述べお開きの挨拶をします。

 

通夜ぶるまい後のお開きの挨拶例文

「本日はお忙しいなか、ご弔問いただき誠にありがとうございました。おかげさまで滞りなく通夜を終えさせていだきました。
故人も喜んでいることと思います。ゆっくりとしていただきたいところではありますが、夜も更けてまいりましたので、勝手ではありますがこの辺で終了とさせていただきたいと存じます。
なお、葬儀・告別式はは明日の午後○時より当斎場にて行います。ご参列いただけましたら幸いでございます。本日はありがとうございました。」

 

 

スポンサードリンク