葬儀・告別式に参列する

葬儀・告別式に参列する

葬儀,告別式,参列,葬式,マナー,意味,どちたに参列

葬儀とは人が亡くなった際に際に故人を弔う為に行われる祭儀です。

 

通常は葬式と呼ばれていますが正式には葬儀式と言います。

 

現在では葬儀・告別式と続けて行われることが多く、同じ儀式のように理解されているようですが、本来は別々の式で意味もかなり違います。

 

葬儀は故人の成仏を祈る儀式で遺族や親族、ごく親しい人が参列するものです。一方、告別式は故人と親交のあった友人や知人が最後のお別れをする儀式で、現在では会葬者の焼香が中心に行われています。

 

どちらに出席するかは故人との関わりの深さによって決めますが、葬儀に参列するほどの関係であればそのまま告別式にも参列するのが礼儀です。

 

二つの式は分けて行うのが正式ですが、最近ではこの二つは「葬儀;告別式」としてひとつの流れとしてまとめて行うケースが増えています。一般的には一般の会葬者も葬儀式に最初から参列します。

 

葬儀・告別式のマナー

葬儀に参列する場合には、定刻よりも早めに会場に到着し、最後は出棺まで立ち合うのがマナーだと思います。

 

葬儀に行ったらまず受付を済ませます。通夜の場でお香典を出していれば名前の記帳だけします。

 

式場では早めに席に着き、静かに式が始まるのを待ちます。友人や知人に会っても会話は控え、あいさつは式が終わってからするのが礼儀です。

 

拝礼は喪主から始まり、遺族、親近者、一般会葬者となります。前の人との間隔が開きすぎないように注意しながら祭壇の前に進みましょう

 

 

スポンサードリンク