葬式でのお悔やみの言葉

葬式でのお悔やみの言葉

訃報を聞いて駆けつけたときや通夜での弔問のときには、お悔やみの挨拶の言葉には気をつけなければいけません。

 

お悔やみの言葉にはマナーがあり、守らなければ礼儀を知らない人だと思われてしまいます。

 

まず、はっきりと言う、というのも避けたほうがよいようです。まるで練習をしてきたようだと思われないように、お悔やみの言葉は声の調子を落として静かな口調で伝えます。語尾は聞き取れないくらいが通夜や葬式の挨拶の言葉としてはふさわしいようです。

 

お悔やみの言葉として一般的な例文

 

「この度は、ご愁傷様です。心よりお悔やみ申し上げます」

 

「ご生前には大変お世話になりました。心よりお悔やみ申し上げます。」

 

「突然のことで、いまだに信じられません。心より、お悔やみ申し上げます。」

などがあります。月並みな言葉ほどよく、無難でもあります。

 

通夜や葬儀ではまず受付をしますが、このときに何と挨拶しようか悩むところですが、何も言わず軽く黙礼をするだけでもよいでしょう。長々と挨拶の言葉をはなしているうちに、もっともタブーである使ってはいけない「忌み言葉」がうっかりと出てしまう危険性もあります。

 

重ね言葉(重ね重ね、皆々様、いよいよ、たびたび)は不幸が重なるという意味があるため使ってはいけません。もちろん弔問の席で故人の死因や臨終の様子を聞くことはマナーに欠けたことですから絶対に避けましょう。

 

葬儀、告別式の場で、ご遺族の方に直接お悔やみの言葉を伝えたいと思うかもしれませんが避けたほうがよいでしょう。遺族と会った時には黙礼するだけにとどめます。

 

 

スポンサードリンク