喪主の役割

喪主の役割

喪主の決め方
葬式の準備をするには、喪主は誰がするのか決めなくてはいけません。

 

故人の遺志を継ぐ形で葬儀を主催するのが、喪主の仕事ですから、一般的には故人に一番近い続柄の人がなります。

 

喪主の決め方は、夫婦の一方が亡くなったのであれば残った配偶者が、両親の場合は子どもが喪主となります。不幸にして幼い子どもが喪主になる場合には近親者が後見人となって喪主の仕事を努める場合があります。

 

スポンサードリンク

喪主の役割

  葬儀の形式、式場、日程を決める
  寺院を決める 
喪主を誰にするのか決まったら、遺族と近親者で葬儀の形式や日程、予算、式場を打ち合わせします。葬儀の形式は一般的には故人の宗派によって決めます。菩提寺がある場合には僧侶に連絡をとって日程を確認します。菩提寺が遠方であれば、菩提寺か葬儀社に相談して、近くの同じ宗派のお寺を紹介してもらいましょう。

 

  戒名を授かる
葬儀の形式や日程、予算などが決まったらできるだけ早く葬儀社を選んで葬儀の依頼をします。喪主は通夜や葬式の手配が終わったら、弔問客を迎えるのが喪主の役割となります。とりあえずの弔問を受ける間は地味な平服でもかまいませんが、通夜の前には喪主、遺族とも喪服に着替えておきます。僧侶が到着したら茶菓子でもてなし故人の供養をお願いし、通夜開始までに白木の位牌に戒名を記してもらいます。

 

  式場を整える
  お布施を用意する
  通夜の儀 
通夜の準備が整ったら喪主や遺族は祭壇近くに座り、弔問を受けることに専念します。弔問客の出迎えや見送りは世話役に任せ、弔問客が退出される場合も、喪主や遺族はその場で深く黙礼するだけでかまいません。 通夜後、喪主は弔問客にあいさつを述べて、通夜ぶるまいの席に案内します。通夜ぶるまいが終わったら遺族は故人と最後の夜を過ごします。

 

  葬儀・告別式の打ち合わせ
  葬儀・告別式
  出棺
葬儀後、故人と最後のお別れをします。喪主は会葬者に対してお礼の挨拶を行います。火葬場から戻ったら、精進落としの席を設け、葬儀の際にお世話になった人をもてなし、最後は喪主の挨拶によって締めくくられます。

 

 

スポンサードリンク