お悔やみの忌み言葉

お悔やみの忌み言葉

「忌み言葉」とは冠婚葬祭の時に使ってはいけない「縁起の悪い言葉」です。

 

同じ忌み言葉でも、結婚式には使っては良いが、葬儀では悲しみごとの禁句されている言葉があるので注意が必要となります。

 

代表的なのが不幸が繰り返されることを連想させる重ね言葉です。

「重ね重ね」「重ねて」「くれぐれも」「返す返す」「つくづく」
「ますます」「度重なる」「再三」「皆々様」「次々」
「引き続き」「再び」「繰り返し」「しばしば」

 

並べてみると、今までうっかりと使った言葉があるのではないでしょうか。普段なら当たり前のように使っている言葉ですよね。

 

結婚式では、お祝い事が重なるという意味で使っても良い言葉ですが、葬儀では不幸が重なるとことを意味するために使ってはいけない言葉です。「死」という直截な言葉も「ご永眠」「ご逝去」などに言い換えて使います。

 

また不幸を連想させる「苦しむ」「迷う」「浮かばれない」といった言葉や、音が不吉な「四」「九」などの数字、そして神道やキリスト教では「冥福」「成仏」「冥土」「仏」などの仏教用語は避けなくてはいけません。

 

忌み言葉は、相手の悲しみを思いやる気持ちから定着した言葉です。故人との関係を考えて心のこもったお悔やみの言葉で表現したいものです。

 

 

スポンサードリンク