葬式の挨拶

葬式 喪主の挨拶

葬式,挨拶,お悔やみ,喪主,言葉,通夜,告別式,スピーチ,例文,葬儀

葬式の挨拶は喪主が最も気を配らなければいけません。

 

通夜、葬儀、告別式と進行していくなか、僧侶や弔問客に対して、故人への別れのために集まってくださったことを感謝の気持ちをこめてお礼を述べるものです。

 

葬儀での喪主の挨拶とは通夜終了時、通夜ぶるまいの開始・終了時、告別式終了後の出棺のあいさつをいいます。
        ⇒通夜の喪主の挨拶
最もていねいに挨拶をしなければいけないのは、出棺の挨拶です。

 

葬儀、告別式の終了後の出棺の挨拶

会葬者に対して喪主は葬式の挨拶を行ないます。最近では告別式の挨拶は省略され、火葬場への出棺前に喪主のスピーチがされることが多くなってきています。

 

喪主による葬式の挨拶のときには、遺族は会葬者のほうに向かって並びます。そのとき位牌や遺影も胸元に掲げ会葬者の方へ向けます。

 

ここでの挨拶の内容は、

 

@会葬者への御礼
A故人への生前お世話になったことに対する感謝と御礼
B故人の思い出話
C今後の遺族への支援やお付き合いへのお願い、などです。
このほか故人の最期や生前の様子などに触れてもよいでしょう。

 

出棺前の喪主の挨拶 例文

「本日はご多用のところ、父○○○の葬儀、並びに告別式にご参列いただきまして、誠にありがとうございました。
おかげさまで、つつがなく葬儀を終えることができました。
また生前は皆様に大変お世話になりましたこと、遺族を代表いたしまして心よりお礼申し上げます。
・・・思い出話など・・・
どうぞ今後とも、これまでどおり、○○家に変わらぬご厚情を賜りますよう、お願い申し上げます。
本日は最後までお見送りありがとうございました。」

 

スポンサードリンク