供物の贈り方

供物とは故人に対して感謝と供養の気持ちを込めた霊前へのお供え物のことです。 一般的には近親者は香典のほかに、供物や供花を贈ることが多いようです。

仏式の葬儀では果物、干菓子、線香、抹香、ろうそくなどが使われます。 供物や供花は置き場所や順序などきまりごとやマナーがあります。また宗教によって違いがあるので、贈るときには事前に遺族に問い合わせる必要があります。


スポンサードリンク


供物の贈り方

供物の正式な贈り方は、供物に奉書紙をかけて黒白の水引で結びとめ、精進盆に乗せて贈ります。略式では不祝儀用の熨斗紙で包みます。 弔事では不幸が重なることはタブーなので紙は一枚で品物にかけます。

供物や供花は通夜か葬儀の前に持参して霊前に供えるものですが 現在では葬儀社などに依頼して直接届けてもらうことが多いようです。自分で用意する場合では供物用に買ったお店で「不祝儀用に」と頼めば ふさわしい形に整えてくれます。

表書きは「御供物」「御霊前」、下部に贈り主の名前を書きます。また裏にも住所、氏名を書いておきます。持参するときは地味な風呂敷に包み、渡す時に風呂敷から出します。



キリスト教式では祭壇に供物は供えません。神式の場合は果物、和菓子、酒などです。線香やろうそくは供えません。

供物や供花を届けたら香典は包まなくてもいいの?
供物や供花は香典と同じ意味合いをもつものでした。ですから香典は包む必要はないということになります。ただ一般には供え物をしても香典を包む人が多いようです。故人とのつきあいの深さで判断してはどうでしょうか。

スポンサードリンク




楽天