お葬式の花の贈り方

お葬式のお花、供花(きょうか)とは霊前に供える花のことで、生花、花輪、造花などをお供えします。品物は供物(くもつ)といって果物、お菓子、ロウソク、線香をお供えします。


スポンサードリンク


一般の弔問客は香典だけで十分ですし、供花や供物はしきたりとしては香典と同じ意味を持つので二重に贈るものではないとされますが、最近では故人との付き合いの深さに よって、また地域によっては香典とお葬式の花を供えることもあるようです。

お葬式の花は親族や友人からは生花を贈り、近所の人や会社、団体からは花輪を贈ることが多いのですが、地方や斎場によっては花輪は飾らないところもありますし、 宗教によっても供花の供物のきまりごとがあるためお葬式のお花を贈る場合には必ず遺族に確かめる必要があります。


供花の贈り方

供花は故人との関係の深い間柄から棺の近くに並べていくため、 祭壇とのバランスや飾り方を考えなくてはいけません。その点でも葬式の花の手配前には遺族の確認が必要なのです。花の受け取りを快く了承していただけたら通夜が始まる前 にできれば持参して霊前にお供えするのが礼儀でありますが、最近は業者に依頼して届けることが多くなってきているようです。
または遺族から直接注文してもらうほうがいい場合もあります。代金は「御花代」として不祝儀袋か白封筒に入れて渡します。花代は1万〜3万円が一般的な値段です。


お葬式の花を自分で準備する場合、仏式の葬儀 では菊や百合、カーネーションなど白い花を主体にして選びますが、白い花以外に特に故人が好きな花があれば遺族の確認を取ってから贈るようにします。この場合は、お店で花束や花輪、花籠などの意向 を伝えて「不祝儀用」と注文します。
葬式の花束にかけるリボンの色にもマナーがあり、黒と白、ブルー、グレー、白と決まりがあります。

キリスト教では祭壇に百合やカーネーションなど 白い生花だけを飾ります。葬式花は葬儀社に一任する場合も多いので、やはり遺族の確認をとってから贈るようにしましょう。花代は1万〜3万円が一般的な値段です。

突然の悲しみの 知らせを受け、事情があって駆けつけられないがお花だけでも贈りたいが遺族となかなか連絡がとれない、という場合には、あわてて贈るよりも四十九日までにお悔やみ用 の白を基調とした生花や花かごを贈られてはいかがでしょうか。

お供え・供花<お悔やみ用> 法事用等に菊の入った生花アレンジ3,675円(送料込み)【souryoumu...

お花のお葬式

お花のお葬式って?一般的には仏式では白木祭壇を使用し、キリスト教では生花祭壇を使用しますが、最近ではしきたりにとらわれず故人の意向を大切にしたいと、無宗教の 葬儀が増えたり、仏式であってもお葬式のお花は故人の好きな花、綺麗な花を飾りつけて送りたいと花祭壇の葬儀を望まれる場合も多くなっています。また故人の好きな音楽を流す音楽葬というのもよく聞かれるよう にもなっています。

生花祭壇の飾り方や、無宗教の葬儀の場合には式の進行にも決まりはありませんが、その場合には遺族と葬儀社とで細かい打ち合わせが必要となってきます。

スポンサードリンク

楽天