歯ぐきをマッサージして歯周病改善

歯茎をマッサージして歯周病を改善しましょう。
歯周病は痛みがないので気づいたときは歯ぐきの腫れは慢性化して、膿が出たり、物も噛めなくなってしまいます。手遅れになるまえに歯周病は予防が大切。炎症の原因となる歯垢をきれいに落として歯茎もマッサージして丈夫にしましょう。

マッサージすることによって、血液やリンパの流れを促進し、滞っている不純物を排出します。歯茎を活性化できるのです。少しの刺激でもそういった効果を得ることができます。

スポンサードリンク

歯ぐきのマッサージのやり方

マッサージの前に歯磨きをして歯の汚れをきれいに落とします。手もきれいに洗います。
マッサージは人差し指の腹を使って、歯と歯ぐきの境目と歯茎全体をゆっくりとなでるようにマッサージします。

下側の左奧の歯茎から中央の歯茎まで、同様に下側の右奥の歯茎から中央まで、上側の左奧の歯茎から中央まで、上側の右奧の歯茎から中央までを各3回繰り返してマッサージします。次に上下の歯と歯茎の境目を小刻みにマッサージします。

歯ぐきのマッサージは入浴中に行うのが最適です。一日一回行いましょう。
歯周病で歯ぐきが腫れていたり黒ずみが気になる人は回数を増やしてマッサージを行ってみてください。

歯ブラシを使ってのマッサージは、硬い歯ブラシでゴシゴシと強く磨いてしまうと、かえって歯茎を傷つけてしまいます。歯ぐきの炎症が気になる人は手指を使った歯ぐきのマッサージをおすすめします。

歯周病予防セット



楽天