歯が痛い、しみる

甘いものを食べると歯が痛い
甘いものを食べて歯が痛むのは、初期の虫歯の症状(エナメル質う蝕)と考えられます。この時期で受診すれば比較的短期間の治療で治ります。家庭でも歯磨きはしっかりと行います。


冷たいものを食べると歯が痛い
冷たいものを食べたときだけ歯が痛むのは軽度な虫歯の症状(象牙質う蝕)が考えられます。この時期でも比較的短期間の治療で治りますが、冷たいものだけでなく熱いものを食べても痛むときは歯の神経の炎症が考えられるのでいずれにせよ早期に受診することが大切です。

スポンサードリンク

熱いものを食べると歯が痛むが、冷やすと楽になる
熱いものを食べたときに痛むときは虫歯が相当進行した症状が考えられます。歯の根っこに炎症が起こっている状態でしょう。家庭療法としては口の中を清潔にしたあと、水で冷やします。早期に治療を行ってください。

虫歯ではないが歯が痛い
虫歯がないのに歯が痛いと感じる時は、冷たいものや熱いものを食べても痛んだりしみたり、また物を噛んだときにも痛みを感じるのではないでしょうか。
これは歯周病になると歯と歯ぐきの間にポケットができ、ポケット内の細菌が歯の神経内に感染して神経が炎症を起こした状態です。早期に受診して治療を行いましょう。

冷たい水や風にしみる、歯ブラシの先が当たると痛い
歯の根っこの表面を覆うセメント質が摩耗して、象牙質が裸出したため、知覚過敏症となっています。温水で歯と歯ぐきの境目をよく磨いて清潔に保っていると徐々に治っていきます。一ヶ月以上続くようなら診察を受けてください。

噛むと痛い
物を噛むとき歯が痛いと感じる時は、虫歯あるいは歯周病が考えられます。応急処置の期待も薄く早急に受診してください。


楽天