歯ぐきの腫れと出血

歯を磨いたとき出血することがあります。このとき歯がぐらぐら動いて膿が出ていなければ単なる歯肉炎と考えられます。また歯茎が赤く腫れていて出血しやすい状態のときも 歯の動揺がなければ歯肉炎でしょう。

原因は歯垢や歯石ですから、歯と歯茎の境目を丁寧にブラッシングして汚れを残さないことが大切です。最初は出血が見られてもブラッシングを続けること、そして歯医者さんで歯石を取ってもらうことで改善していきます。


スポンサードリンク


歯肉炎の症状と治療

歯肉炎とは歯肉炎とは歯茎に限定して炎症が起こった状態をいいます。歯肉炎の症状は、歯肉が赤く腫れて出血しやすくなりますが痛みはありません。

歯ぐきが腫れて歯ぐきを押すと出血したり膿が出たり、強い口臭があるときは歯肉炎や歯周炎が疑われるので歯科で診てもらいましょう。

歯肉炎の原因は歯垢や歯石に繁殖した細菌の感染によるものがほとんどですが、急性の場合は食べ物のかすが歯ぐきの中に入ったり、爪楊枝などで歯肉を傷つけてしまったことが原因で起こります。

急性の場合は歯肉が歯に接するところが帯状に腫れてひどい痛みをともなうことがあります。治療としては歯茎の中の汚れを取り除き消毒して、患部に触れないよう安静にすること、うがい剤を用いて口の中を清潔にしておきます。

歯垢や歯石に繁殖した細菌の感染によるものが原因の場合は、軽症であれば歯石を取り除くことで改善します。歯肉炎は放置して慢性化してしまうと歯周炎に進行していきます。予防と対策としては家庭では正しい歯磨きを続け、歯垢をつくらないことが大切です。

スポンサードリンク


楽天