歯ブラシの選び方

スーパーなどではいろんなタイプの歯ブラシが売られています。毛先が球になっているもの、山切りカットのもの、極細タイプなどがあって選ぶときはいつも迷ってしまいます。

たいていのタイプのものを選んできましたが、最終的には歯医者さんで使われているタイプに落ち着いています。歯を磨く技術も必要だと思いますが実際歯医者さんで磨いてもらうととても気持ちいいんですよね。そして凸凹の歯並びや隙間にもじつにうまく磨いていただける、この歯ブラシとは・・


スポンサードリンク


歯ブラシを選ぶときはまずヘッド(ブラシ部分)を見ていきましょう。ヘッドは小ぶりなほうが磨きやすく細かいところまで磨けます。

毛先は同じ長さで平にそろっている平切型がベストです。毛の高さが均一なので磨き残しがありません。

毛の硬さは「普通」のナイロン毛がいいです。硬すぎる歯ブラシでゴシゴシ力を入れすぎると歯や歯肉を痛めることがあります。柔らかい歯ブラシと歯垢を除去する力は弱いです。柔らかすぎて力を入れすぎてしまうと毛先が折れてかえって歯垢がとれません。

選ぶときは手の甲に磨く時と同じ強さでこすってみて痛くない硬さがよいといいます。
グリップ部も丸いものや角ばったものなどいろいろありますが自分の握りやすいものを選びましょう。


歯ブラシの取り替え時期
歯ブラシは使用しているうちに毛先が広がってきます。そのまま使うとキレイに磨けないだけでなく、歯肉を傷つけてしまうことがあります。毛先が広がってきたら早めに取り替えてください。

スポンサードリンク

楽天