歯周病対策について

歯周病対策には歯磨きを毎食後行ないましょう。 歯周病は歯を支えている歯ぐき(歯肉)の病気ですが初期のうちは虫歯のような痛みもなく、気がついたときにはかなりの重症で「抜歯するしかない」など手遅れになりやすい ため早めの歯周病対策が必要です。


スポンサードリンク


歯周病の原因は虫歯と同じで口内の細菌が食べかすを栄養として増殖するプラーク(歯垢)です。歯ぐきに歯垢が付いて炎症を起こしているのが歯肉炎で、歯と歯の間に歯垢がたまりやがて歯根膜や歯槽骨など歯周組織全体にまで炎症が及んだ状態を歯周病といいます。

歯肉炎の段階ではむずかゆい、歯磨きすると出血するなどの症状がみられます。この段階で治療せず放っておくと歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)に細菌が入り込みだんだんと深くなっていきます。口臭がしたり、歯ぐきが腫れる、出血や膿が出るようになります(歯槽膿漏)さらにポケットが深くなると歯がぐらついてきたり物を噛みづらくなったり、痛みが激しくなり、歯ぐきが痩せやがては歯が抜けてしまうことになります。


歯周病の原因は歯垢ですから、予防、対策は歯垢をきれいに落とすことが最も重要で、適切なブラッシングこそが歯周病を治すことが出来る方法です。歯磨きが大切であることは知っていても、続けていけてますか?「歯磨きしてるけど治らないよ」そのブラッシング法は正しいやり方なのでしょうか?

歯周病かもしれない、歯ぐきが腫れているようだ、そう思っていても歯医者さんになかなか行かない人って多いようですね。でも歯周病対策まず自分の症状と進行具合ははっきりと知ることから始まります。

歯科での治療は主に歯石の除去、消毒、歯ぐきの化膿がひどいときには切開して排膿させます。歯石は歯垢が石炭化して硬くなっていて歯ブラシで磨いてもとれません。歯ぐきが腫れているときに歯石をとると痛みを感じる場合もありますが、痛みはすぐに取れますし、じきに炎症も治まっていきます。年に2度は歯石を取ることが望ましい、と言われていますが、歯石を除去して今までと同じ、何も変わらなければまた歯石は溜まります。一時的な歯周病対策では炎症は治まっても歯周病は治ったとはいえません。

歯周病対策は歯石を取ってもらった後、一生正しい歯磨きでケアを続けることです。これは今後の予防ともなります。歯垢をきれいに落とせば歯石も付きにくくなります。

歯ぐきも引き締まり、このとき歯ぐきが後退していきますが、これは引き締まって健康な状態になっていってるためです。歯に隙間もできるかもしれません。これに驚いて歯石を取るのをやめる人がいるそうです。多少も見栄えは悪くなっても自分の歯を残したいなら歯磨きは続けてください。

痛みがなければ歯茎も軽くマッサージをしてあげましょう。数ヶ月続けていくうちに、できれば禁煙したり、タバコの本数を減らしていけば、歯ぐきの黒ずんだ色もピンク色になっていくのがわかるようになります。

スポンサードリンク


楽天