岡山市ビジネスホテル情報

岡山ビジネスホテルはまず岡山県では岡山市、倉敷市、高梁市、津山市の4つの地域に分けられます。ビジネス、観光から見ましても岡山市内のビジネスホテルが(玉野、牛窓も含めます)最も利用されています。

岡山市は岡山県の県庁所在地であり山陽新幹線や高速バスの利用者も多く後楽園や美術館など観光地も多いため、ビジネス目的や観光で岡山へ 訪れる人は大変多く中でも岡山駅周辺にあるビジネスホテルを利用するのが便利です。


スポンサードリンク


岡山市内のビジネスホテルの料金は1万円前後と多少高めですが、もちろんもっと格安な ビジネスホテルもあります。最近ではインターネット検索で予約すれば料金も割り引くサービスも多く展開されています。

ビジネスホテルといえば出張目的で利用されるという考えも以前のもので、これは手ごろな値段でありシングルが多いという理由でもありましたが、 各部屋にバス、トイレ付き、各種設備も整い、最近はインターネットの利用可というところも多いため 観光目的の人にも注目を浴びています。岡山駅周辺の設備が充実されたビジネスホテルではこの価格は妥当だと思われます。


倉敷市のビジネスホテル情報

倉敷市は岡山県の南部にあり倉敷の川沿いにある江戸時代からの古い白壁の町並みを保存された美観地区が有名です。また製造品の出荷額も高く西日本では大阪に次ぐ工業都市のため、 ビジネスで倉敷に訪れる人は多く、出張ビジネスマンとしては岡山市内か倉敷のビジネスホテルのどちらかを選ぶこととなります。

倉敷のビジネスホテルの料金は3千円台〜 1万円です。岡山市のビジネスホテルよりは多少安いのですが料金の幅が大きいのは、倉敷の場合観光ホテルとして営業している感があります。要するにシティーホテルではあるが 料金はビジネス料金に近く、というわけです。

倉敷は山陽自動車道、岡山自動車道、瀬戸中央自動車道と高速道路が東西、南北に交わり、また文化においても世界的にも有名な大原美術館 や倉敷駅の北に隣接する倉敷チボリ公園などビジネスや観光地としてさらなる発展が期待されているため、ビジネスホテルも観光客を意識したところが強いわけです。

岡山県の北部の津山はさくら名所や温泉地が有名な観光地のため温泉旅館がメインとなります。備中の小京都と呼ばれる高梁市もビジネスホテルは観光地としての意識が強く岡山市のビジネスホテルに比べると料金は高いです。

スポンサードリンク

 楽天