友人の入院お見舞い

友人の入院お見舞い

友人,お見舞い,入院,マナー,お見舞いの品,お見舞い金,相場

親しい友人が入院したら、すぐにお見舞いに駆けつけたいところですが、入院直後や手術直後はお見舞いに行くのは控えるのがマナー。

 

本人が望んでいたり、入院の期間が長くなりそうなときは病状が安定したのを確認してお見舞いに伺います。

 

友達の見舞いであっても病院という特別な場所ではそれなりのマナーは必要です。服装を派手にしたり、黒い服は避けましょう。病状などしつこく聞くのもタブーです。

 

お見舞いの品は花や果物、菓子が一般的ですが、いろいろ制限がある場合もあるので注意が必要です。親しい友人なら気持ちが明るくなるもの、入院生活に役立つものを選ぶといいでしょう。

 

退屈をまぎらわせる軽めの雑誌や本、はがきと切手など。それから電話や売店を利用するでしょうから小銭も喜ばれると思います。ビンにつめて可愛くラッピングしてみては。

 

友人への見舞金の相場は個人なら5000円です。友人複数なら一人3000円程度で。つき合いの程度や入院の長短など考慮して対応します。

 

のしの付いていない紅白の結び切りの祝儀袋か白封筒で表書きは「御見舞」

 

入院費や治療費で何かとお金がかかるものなので、見舞金は喜ばれます。長期の入院なら何度か見舞いに足を運ぶことになるかもしれません。相手の負担にならないように次は雑誌や日用品などをもっていくとよいでしょう。

 

 

スポンサードリンク