お見舞いの手紙の書き方

お見舞いの手紙の書き方

お見舞い,手紙,書き方,例文,基本,言葉,タブー,文章,追伸

入院や長期療養を要する相手へのお見舞いの手紙は、知ったとき直ちに出すのがマナーです。

 

お見舞いの手紙は励ますことが目的なので、手紙の内容は簡潔に、早期回復を願う文章にします。

 

お見舞いの手紙の基本構成
見舞いの言葉⇒励ましの言葉⇒再度見舞いの言葉

 

通常の手紙は前文や時候のあいさつから書き始めますが、お見舞いの手紙の場合は、前文や決まり文句は省いて、見舞いの言葉、安否を気遣う言葉から書き始めます。

 

ただし目上の相手の場合には「急啓」(急用のときに使う頭語)をつけるほうがていねいな印象になります。

 

お見舞いの手紙で気をつけることは、「追伸」は書かないことです。これは不幸が繰り返されることを連想させる言葉になるためです。同様に「しばしば」「ますます」「重ね重ね」といった重ね言葉もタブーとされています。

 

友人へのお見舞いの手紙の例文

陽子さん、今日あなたの入院を聞いて、とても驚いています。
知らなかったこととはいえ、お見舞いにもうかがわず大変失礼しました。
術後の経過も順調と聞いて安堵したところです。
近頃仕事も多忙続きだったとのことですから、充分に静養され、一日も早い退院を心より祈っています。
近日中に伺いたいと思いますが、まずは書中にてお見舞いを申し上げます。

 

相手の病状によっては、本人宛の手紙は出しづらいこともあります。そんなときは家族宛にお見舞いの手紙を書くのもよいでしょう。この場合は家族をいたわる言葉を添えるようにします。「家族の皆様もご看病の疲れが出ませんよう、くれぐれもお体をいたわってください」

 

 

スポンサードリンク