暑中お見舞い 書き方と文例

暑中お見舞いの書き方と文例

暑中お見舞いとは、暑い季節に、相手の安否を気遣い自分の近況を報告するための季節のあいさつはがきです。

 

暑中お見舞い,書き方,文例,はがき,時期,文面,結婚報告

梅雨明けから8月7日(立秋頃)までに出すのが良いとされています。それ以降から8月末ごろまでに出すものは残暑見舞いとなります。

 

暑中見舞いを出そうと思ったら、出す時期に注意しましょう。

 

年賀状のように改まった文面ではないので、私製はがきや絵ハガキなどで季節感あふれる演出をすると良いでしょう。もし印刷はがきを利用するなら、一言手書きを添える方が好印象となります。

 

では、どのような書き方をすると良いでしょう。まずは、一般的な文の構成にそって文章を作っていきます。

 

スポンサードリンク

 

@季節の挨拶
文の構成としてはまず、季節のあいさつからはじまります。
「暑中お見舞い申し上げます」が一般的です。

 

A時候の挨拶+相手の安否を尋ねる
次に時候の挨拶がきて、その後、相手の安否を尋ねます。文例として挙げるなら「厳しい暑さが続きますがおかわりはございませんか」など、また会社関係の場合は、「猛暑が続きます折柄、皆様にはいかがお凌ぎでしょうか」などと使い分けるとよいでしょう。

 

B近況報告
次に、近況報告をします。文例としては、「おかげさまで暑さにめげずにがんばっています」「つつがなく過ごしております」など元気でいることを報告しましょう。

 

C結びの言葉・相手を気遣う言葉
最後は結びの言葉でしめくくります。「お体に気をつけてお過ごしください」「時節柄、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます」などと相手を気遣った文でしめくくります。

 

D日付
最後に日付ですが「○○年○月」または「○○年 盛夏」とします。

 

暑中お見舞いは、あまり長い文章にならないように簡潔に書くよう心がけましょう。

 

暑中見舞いや残暑見舞いは、年賀状のように改まったものではないので、アイデア次第で様々な使い方ができます。

 

ちょうど暑中見舞いの時期と合わせることができるのなら、結婚報告や出産報告にも利用することができます。他にも引越しや転勤の報告、ビジネスの場合なら夏期休業日やキャンペーンのお知らせなどにも使うことができます。

 

 

スポンサードリンク