災害見舞い・火事見舞いの表書き

災害見舞い・火事見舞いの表書き

親戚や親しい友人、知人が火事や地震などの災害に遭ってしまったら!

 

相手の安否を確認して、近くに住んでいるならすぐに現場に駆けつけて現場の片づけのお手伝いをしてあげましょう。 災害の種類や程度、場所によってことなるので、事前に連絡が取れるようなら必要なものを聞いて届けてあげましょう。

 

スポンサードリンク

災害見舞い品

相手が必要としているものが分かればその品を届けます。わからない場合、災害お見舞いの品としては衣料品、食料品、日用品、寝具類などすぐに日常生活で使えるものが重宝されています。

 

食料品は調理せずに食べられるものを選ぶほうがいいでしょう。寒い時期であれば毛布や防寒着、使い捨てカイロなどの品も喜ばれます。

 

災害見舞い、現金の渡し方

地震や火災などどんな災害でも、現金を渡すことは失礼にはなりません。すぐに必要なものが揃っている場合や遠方で被害の状況がわからない場合などは現金のほうが喜ばれるかもしれません。相手が目上の人であっても災害見舞は現金でもかまいません。すぐに使える物のほうがいい場合もあるので、品物を届けたあとにお見舞い金を贈るのもいいでしょう。

 

災害見舞いの表書きの書き方

災害お見舞いは白無地の封筒を使用します。のしや水引は必要ありません。表書きは「御見舞」「災害御見舞」「火災御見舞」とします。

・災害御見舞い ・・・ 自然災害を受けた場合
・地震御見舞い ・・・ 地震で被害を受けた場合
・火災御見舞い ・・・ 本人の家が火事になった場合
・近火御見舞い ・・・ 近所の火事でもらい火の場合

火事見舞いを贈る相手がもし火元だったら・・

表書きは「御見舞」にします。あまり大げさにならないように、御見舞金を届けるのみにします。被害の状況を詳しく聞くのは遠慮するように。

 

災害見舞い金の相場

親兄弟  10,000〜30,000円
親戚    5,000〜10,000円
御近所   3,000〜5,000円

郵送する場合には簡単 なお見舞いの言葉を添えて現金書留で送ります。
災害見舞いの場合にはお返しは不必要とされていますが、落ち着いたら礼状は送りたいものです

 

スポンサードリンク