お見舞い金額 相場は?表書きの書き方は?

お見舞い金額 相場は?

家族や親しい人が入院したときのお見舞い金についてまとめてみました。
入院中はなにかとお金がかかるので現金も喜ばれます。

ただしお見舞いに現金を贈る場合にもマナーがあるので注意が必要です。

 

数字の4(死)、6(無)、9(苦)、13はタブーです。

 

お見舞い金は親、兄弟、親戚、友人、知人などによって金額はかわります。付き合いの程度や病状、入院の長短などを考慮して、またいただく側の気持ちの負担にならないよう、臨機応変に対応しましょう。

 

お見舞い金の相場

 

両親、兄弟、祖父母 1〜3万円
親戚        1〜2万円
知人、友人     3〜5千円
隣近所       3〜5千円
勤務先       3〜5千円

 

スポンサードリンク

お見舞い 表書きの書き方は?

お見舞い金は金封は熨斗(のし)のついていない結び切りの水引きを使用します。冠婚葬祭の熨斗袋はすぐにわかると思いますが、専用のお見舞い袋はコンビニでも売られていない場合もあるのでわかりにくいかもしれません。その場合には白の封筒を使用してもかまいません。

 

表書きの書き方は「お見舞い」「御見舞」として下段に氏名を書きます。

 

目上の人には現金は避けるものですが、贈る場合でも花やお菓子などと一緒に贈るようにします。表書きは「御伺」とします。目上のひとに対して、見舞う方が優位に立つことになり、失礼になるという意味だそうです。

 

 

スポンサードリンク