お見舞いメールを友人に送る方法

友人へのお見舞いメール 文例

お見舞い,メール,友人,文例,方法,病気,入院,同僚,回復

友人に送るお見舞いメールの方法を説明します。

 

友人や同僚が病気で入院したとき、お見舞いメールを送る場合が多いと思いますので、そちらを文例を交えながら挙げて説明します。

 

まずお見舞いメールを送る際にはタイトル(件名)を決めます。

 

病気の友人に送るメールの件名は「お見舞い申し上げます」もしくは「具合はいかがでしょうか」とした方が適切です。

 

次の重要となってくるのは、お見舞いメール文の内容ですが、1段落目には誰から誰宛へのメッセージかを入れます。

 

2段落目から友達の病気を知らなくて第三者の知人から聞いたなら、誰から病気のことを聞いたかを最初に述べた方がいいです。たとえば、「○○さんからあなたが入院したと聞きました。とても驚いてすぐにメールをしました。」などと入れます。

 

3段落目には現在の友人の状態を第三者から聞いたならば、それを聞いた感想を述べます。「まだ安静中だと思うので、お見舞いはもう少し遠慮しておきますね。」

 

次に、友人に対しての励ましの言葉や回復を願う言葉を述べます。例として「病気も大事に至らなくて良かったです。一日も早い退院を祈っています。」などです。相手に不安を煽る言葉にならないように気をつけましょう。

 

お見舞いの手紙の場合でも同様ですが、前文や決まり文句は省きます。内容は短めに、見舞い言葉に終始するようにします。

 

最後は「取り急ぎ、メールにてお見舞い申し上げます」と再度、見舞いの言葉で締めくくります。

 

 

スポンサードリンク