お見舞い返し(快気祝い)のマナー

お見舞いのお返し・快気祝いのマナー

快気祝いとは、病気の全快を祝いし、お見舞いをいただいた人やお世話になった人へのお礼(お返し)をいいます。

 

昔から、病気が全快したしたことを祝うために自宅にお客さまを招いて快気祝いを行う習慣がありましたが、最近は一般的にはお見舞いのお返しには「快気祝い」や「内祝い」として品物を贈ることが多いようです。

 

昔からお見舞いをしていただい人へのお返しは元気になることなので、「病気見舞いのお返しをしない」という決まりがありました。

 

快気祝いは全快したことの祝いとお世話になった人へのお礼という意味なのです。快気祝いは必ずしなければならないものではありませんが、その場合には全快した時に退院の報告と感謝の気持ちを込めたお礼状を出すようにします。

 

 

スポンサードリンク

 

お見舞いのお返しを贈る時期ですが、病気が全快し退院や床上げしたら1週間〜2習慣以内には贈るようにします。

 

品物は「完全に治った、病気をあとに残さない」という意味から、お菓子や砂糖など食べてなくなるもの、せっけんや洗剤など使い切ってしまうものなど消耗品を贈るのが一般的です。

 

お返しの金額の相場ですが、本来は快気祝いはいくらお見舞いをいただいても“一律同じ”という考えがありましたが、高額のお見舞金をいただいた場合には、いただいた見舞いの金額の1/3〜半分程度の品を目安とします。

 

快気祝いののし紙は紅白の結び切り。二度と病気にならないように、という意味が込められています。表書きは「快気祝」「快気内祝」とします。


長期入院になった場合や、快復にはまだ時間がかかりそうな場合、お見舞いを頂いてもなかなかお返しができないこともありますが、あせることはありません。
とりあえずお見舞いのお返しをする場合には表書きは快気祝いとしないで「松の葉」「お見舞い御礼」とします。

 

 

スポンサードリンク