お見舞いに贈る花

お見舞に贈る花の選び方

見舞い,花,病気,贈る,マナー,不向き,選び方,タブー

お見舞のほかにも新築祝いや出産祝いなど贈り物をする機会はさまざまにありますね。

 

親しい友人の病気お見舞い、さて何を贈ろうか、と迷った場合「花を贈る」という人は多いのでないでしょうか。

 

いざ花を贈ろうとしても特に病気‘お見舞’では万全の注意が必要となります。お見舞に喜ばれる花の選び方を 知っておきましょう。

 

スポンサードリンク

お見舞いの品に花を選んでも、病院が花の持ち込みを禁止している場合も あるため事前の確認が不可欠ですし、贈ると失礼となる花があります。これではせっかくの気持ちも相手にうまく伝わりませんね。
こうならないために最低限のマナーを知っておく必要があります。

 

お見舞に贈るおすすめの花

花の持ちがよくて、明るく季節を感じられる花がおすすめです。毎日見ていても飽きのこない優しい雰囲気の花を選びましょう。ガーベラ、カーネーション、ヒマワリ、スイートピーなど、花瓶や水替えの必要のないアレンジメントが最適です。

 

お見舞にタブーの花

不吉な連想をさせる花は避けます。お見舞には不向きなのが真紅の花、白菊、匂いの強いフリージア、ユリ、水仙、死や苦を連想させるシクラメン、寝付く鉢植え、花の首が落ちる椿、すぐ開花してしぼむチューリップ、ドライフラワーなどです。

 

最近人気があるブリザードフラワーも避けたほうが無難です。また濃い色の花も見飽きやすいので、優しい色を中心に数本加える程度にするとよいでしょう。

 

 

スポンサードリンク