お見舞いのマナー

病気お見舞いのマナー

お見舞い,マナー,病気,入院,袋,金額,相場,品物,災害,返し

病気お見舞いにはマナーがあります。

 

いくら親しい友達が病気で入院したからといっても、病院へお見舞いに駆けつけるのは相手の病状を確認してからにしましょう。

 

入院直後や 手術直後にはお見舞いは遠慮するのが常識ですし、数日で退院するようであれば病気お見舞いもおおげさになってしまうかもしれません。

 

短期入院の場合には手紙を出すか、退院 祝いに後日、花や手土産を持って家を訪問するほうが喜ばれるのではないでしょうか。

 

また重症で容体が安定していないようであれば、お見舞いの手紙を出すか家族あてに見舞いの品物を贈ります。

 

スポンサードリンク

 

長期入院の場合は病人にとっては家族や友人の病気見舞いは嬉しいものです。見舞う側としては場所が病院ですからそれなりに作法を心得ていなくてはせっかくの励ましも不適切なものになってしまいます。

 

病気見舞いの服装も黒や派手な色は避けましょう。気をつけたいのは言葉の選び方です。「早く職場に戻ってください」「元気そう、すぐになおりますよ」は病状によっては傷つけたりプレッシャーを与えたりする場合もあります。病状や治療のことを細かく聞くこともマナー違反です。

 

病気見舞いは大部屋の場合には大勢であったり、子供連れは迷惑になるので避けたいもの。また相手は病人ですから長居はしないように。帰るときには同室の方にもひとこと挨拶しておきたいものです。

 

家族以外の入院見舞いは遠慮しておきたいのが出産見舞いです。基本的に出産祝いは退院後に落ち着いてから自宅に伺うようにしましょう。死産や流産であってもお見舞いの品を贈ることは辛い事を思い出させることになるのでタブーであるとされています。

 

お見舞いの品物と金額

お見舞いの品物は花、果物、お菓子が一般的です。花束を贈るときには花瓶とセットにするほうが無難ですが、花瓶が必要でないように籠にアレンジメントしたものも喜ばれます。ただし病院によっては花の持込を禁止している場合もありますし、病人も花粉症である場合もあるので確認しておく方がよいでしょう。またお見舞いには不向きな花があるので気をつけましょう。
お見舞いに贈る花

 

お見舞いの品でフルーツやお菓子などは、病気によっては食事制限の場合もあるのでこちらも 確認して贈りましょう。長期入院になるようであればパジャマなども喜ばれる贈り物です。お見舞いの品物の金額は3000円〜5000円が相場です。

 

お見舞い金を贈る場合には金封は熨斗(のし)のついていない結び切りの水引きを使用します。表書きは「お見舞い」「御見舞」。お見舞いの金額の相場は、親、兄弟、子供、祖父母などの家族や親族は1万円〜、その他の知人、友人、職場関係は3千円〜です。
お見舞い金額 相場?表書きの書き方は?

 

知人、友人が火事や地震などの災害に遭われたときにはお見舞いの品は一般的には衣類や食料品、日用品などすぐに役に立つものを贈りますが時間の経過とともに必要なものは変わってくるものですから災害見舞いの品は事前に確認して贈るようにしましょう。
災害見舞とは

 

お見舞いのお返し

病気やケガが回復したらお快気祝いや内祝いの品物を贈ります。快気祝いの品物は「病気を残さない」という意味合いを込めて砂糖、洗剤、お菓子、嗜好品などの消耗品が一般的です。
お見舞いのお返し(快気祝い)のマナー

 

スポンサードリンク