風邪のどの痛み

風邪のどの痛みの原因

風邪のどの痛みについて調べてみました。のどからくる風邪といわれるように、風邪を引いたときののどの痛みはほとんどの人が経験します。

 

のどの痛みというのは物を飲み込んだときに痛む、または何もしなくても持続的に痛むというものがありますが、原因としてはほとんどが ウイルスによる風邪症候群によるものです。

 

スポンサードリンク

風邪,のど,痛み,原因,炎症,熱,鼻水,対処法,治療,腫れ

風邪によるのどの痛み

のどの痛みの他にも他にも鼻水、頭痛、発熱、せき、筋肉痛が生じる場合がありますが、風邪の場合は引き始めが肝心で、暖かくして静養していれば自然に治るものです。

 

同じウイルス感染によってのどに炎症が起こる咽頭炎や扁桃炎を引き起こすことがあります。もともと慢性的に疾患があってのどの弱い人は風邪をきっかけにして このような症状を起こすことも多いようです。

 

咽頭炎によるのどの痛み
咽頭炎はウイルスや細菌による気道感染の初期症状です。のどの痛みや発熱、全身倦怠感、食欲不振など風邪と同じ症状があらわれます。

 

扁桃腺ののどの痛み
扁桃炎の場合は、せきや鼻水などはあまり生じないようですが39度前後の高熱が出る場合があります。腫れだけでなく白い膿みが見られ、のどの痛みで食事するのも辛いですから、風邪ののどの痛みといっても軽く見ないで早めに病院で診てもらうようにしましょう。  ⇒扁桃腺の腫れと痛み

 

幼児、子供の場合には耳の痛みを訴えることもあります。これは扁桃炎と同時に急性中耳炎を併発する場合が少なくないので耳に痛みがあるときには耳鼻咽喉科で診察しておきましょう。

 

のどの痛み対処法

のどの痛みの対処法としてはまずは予防をしっかりとしてウイルスが感染しないように気をつけることです。外出するときにはのどを冷やさないようマフラーを巻いたり、帰宅したら手洗いやうがいを徹底して行ない、付着したウイルスを洗い流しましょう。部屋には加湿器を置いて適度な湿度を保つようにします。

 

風邪でのどの痛みがあるときにはのどに負担をかけないように、大声をだしたり、タバコのの喫煙も避けたいものです。食事はうどんやスープ、お粥などののどごしの良くて消化の良い、水分の多いもの、温かいものを摂るようにしましょう。

 

初期の段階では市販の薬も有効です。炎症を抑える成分、鎮痛成分、殺菌効果のある薬を薬局や薬剤師さんに相談して自分の症状に合った薬を選びましょう。

 

スポンサードリンク