やけどの応急処置

やけどの応急処置

ストーブ、やかんなど熱いものに触れた、熱湯がかかった、などでやけどをすることがあります。

 

やけどの応急処置の基本はとにかく冷やすことです。

 

やけどをしたときは深さで重症度を測ります。

 

表皮熱傷で比較的軽いやけどは、皮膚が赤くなりヒリヒリと痛むなどの症状がみられます。

 

数時間から数日で治ることが多く家庭でも十分処置ができます。

 

やけどしたときの応急処置

やけどした部分を刺激しないように、水道水を10分〜20分間流し続ける、または氷水などに漬けたタオルで冷やします。

 

痛みが治まるまで冷やしますが、冷やすことでやけどがより深く進行するのを防ぐことができます。冷やした後は清潔なガーゼなどで軽く覆っておきます。

 

昔はやけどしたら患部にみそやしょう油を塗る、ともいわれましたが化膿することもあるので患部には何も塗らないようします。

 

 

服を着ている部分にやけどをした場合

衣類の上から流水で冷やし、十分に冷やしてから衣類を脱がせます。

 

脱がせにくいとき無理に脱がそうとすると皮膚まで一緒にはがれてしまう恐れがあるので、衣類と皮膚がくっついていないかよく確認することが大切です。

 

 

やけどで水ぶくれができたら

真皮熱傷では皮膚が赤くなり、水ぶくれができて強い痛みがあります。やけどの範囲は小さくても病院での処置が必要です。

 

水ぶくれはやけどの傷口を保護する役割を持ちます。破れると化膿しやすく治りも遅くなるので、水ぶくれを破らないように気をつけ、手当てをしたら病院へ。

 

もし破れてしまったら中の液体だけを出して外膜は残したまますぐに病院で治療を受けます。

 

スポンサードリンク


 
TOP のどに異物が詰ったときは