誤って異物を飲み込んだとき

異物を飲み込んだときの応急処置

異物,飲み込んだ,処置,誤飲,誤食,対処,吐かせる,手当て

誤って異物を飲み込んでしまったときの応急処置を覚えておきましょう。 誤飲、誤食に気づいたとき手当てする前に、「何をどのくらい飲んだのか」「吐かせても良いのか」の判断が必要です。

 

異物を飲み込む事故は乳幼児に多く見られ、たばこや化粧品、ボタン、医薬品など 身の回りにあるものがほとんどです。何を飲み込んだのかは口の臭いを嗅いで判断します。

 

気づいたときすぐにはかせるのが基本ですが、なかには吐かせてはいけないものもあります。慌てず薬品、洗剤のラベルをみて対処します。

 

異物を飲み込んだ場合、毒性を薄めるためや胃や食道の粘膜を保護させるために水や牛乳を飲ませますが、嘔吐することで粘膜がただれてしまう恐れのある薬品の場合は吐かせず病院へいくことが大事です。また防虫剤など牛乳だと溶け出してしまうものもあるので注意が必要です。詳しくは医師に問い合わせてください。

 

スポンサードリンク

誤飲、誤食したときの吐かせ方

頭を低くさせて指を舌のつけ根に入れる。
刺激によって嘔吐反射が誘発される。

誤飲、誤食したとき吐かせても良いものと手当て方法
 酒     ・・・水か牛乳を飲ませて吐かせたあと病院へ。
 たばこ  ・・水か牛乳を飲ませて吐かせる。2分の1以上であれば危険なのですぐに病院へ。
 台所洗剤・・少量であれば心配ない。多量であれば吐かせて病院へ。
 化粧水  ・・水か牛乳を飲ませて吐かせ病院へ。
 ナフタリン、しょうのうなどの防虫剤・・・水を飲ませて(牛乳はダメ)吐かせ病院へ。
 シャンプー、石鹸・・水か牛乳を飲ませて吐かせる。少量であれば心配ない。

吐かせてはいけないものと手当て
 灯油、ガソリン、シンナー・・・吐かせない。すぐに病院へ。
 漂白剤・・・牛乳を飲ませて病院へ。
 殺虫剤スプレー・・少量でもすぐに病院へ。
 マニキュア・・少量であれば心配ない。
 ボタン電池・・・最近の製造のものは心配ないが古いものは病院へ。
 ライターオイル・・・水を飲ませて病院へ。

                 (あくまで参考程度としてください、詳しくは医師に相談を)

 

スポンサードリンク


 
TOP のどに異物が詰ったときは