虫に刺されたら?虫刺され対処法

虫に刺されたらどうする?虫に刺されたときの応急処置

虫に刺されたら,虫刺され,対処法,蜂,毛虫,ダニ,蚊,応急処置

◇応急手当の基本を知っておこう

 

・虫に刺されたら患部を綺麗に洗って、毒針が残っていたら速やかに取り除きます。

 

・痒いからといって患部を掻くと、細菌感染することもあるのでかかないようにします。

 

・洗い流し持っていたら軟膏を塗る。嘔吐などがあったらすぐに病院へいきます。

 

スポンサードリンク

 

蜂に刺されたときの対処法

虫刺されでもっとも危険なのはスズメバチなどに一度に数箇所刺されてしまったり、何度も繰り返して刺されてしまった場合です。「アナフィラキシーショック」という症状を引き起こし呼吸困難や意識障害で命の危険もあります。(この場合は直ちに病院へ!)

 

刺した虫の確認と症状を見ながら適切な処置を行います。蜂に刺されたら、毒針を毛抜きやセロハンで抜き、患部の周りを強めにつまんで毒を絞りだしてやります。患部を流水します。

 

蚊、ダニ、ブヨ、毛虫に刺されたときの対処法

蚊、ブヨ、ダニに刺されたら、掻くと炎症が起こってしまい治るまでに時間がかかります。患部の周りを強めにつまんで、虫の体液を搾り出し、水道水などきれいな水で洗い流す。

 

あとが残る原因にもなるので、かゆみがあってもむやみに掻かないで、濡れタオルなどで冷やしてやる。市販の虫刺され薬や抗ヒスタミン軟膏を塗る。

 

毛虫に触ったら皮膚についた細かい毛をセロテープなどで取り除くこと。その後洗って冷やし、ステロイド入りの虫刺され薬を塗っておきます。

 

毛虫に触れると細かい湿疹ができます。患部を触ったり掻いた手で他の部位を触ると湿疹が広がっていくので注意が必要です。早めに皮膚科に行きましょう。

 

スポンサードリンク


 
TOP のどに異物が詰ったときは