ものもらいが痛い 治し方は?

ものもらいが痛い 治し方は?

ものもらいとは?

 

まぶたの上下の皮脂腺に細菌が感染して炎症を起こしたことが原因で、「ものもらい(麦粒腫)」の他に「めんぼ」「めばちこ」「めぼ」とも呼ばれています。

 

まぶたの内側か外側にものもらいができると、初期ではまばたきのたびに異物感や多少の痛みを感じますが、そのうちに赤くふくれ出し、腫れてだんだんと化膿して痛みも強くなります。

 

悪化すると耳前リンパ節が腫れることもあり、熱が出ることもあります。

 

スポンサードリンク

 

ものもらいは自然に破れて排膿して治るものですが、初期に適切に対処することで早く治すことができます。

 

赤みを帯びてかゆみや異物感があったり、まだ痛みが少ない軽い症状のときは市販薬の目薬でもよく効くようです。

 

2〜3日経っても回復しないようなら眼科で診てもらいましょう。抗菌成分入りの目薬や内服薬で1週間ほどで治ります。赤く腫れて痛いときは患部を切開して排膿します。

 

まぶたに違和感を感じたら早めに眼科で治療を受ければ悪化することなく早く完治できます。原因は化膿菌による感染ですが、体調不良やストレスなどで身体の抵抗力が低下したときにできやすいと思います。私も結婚式を控えた1ヶ月の間に3回もものもらいができた経験があります。目薬では治らず最終的に切開となりました。

 

自然に排膿さすればじきに治りますが排膿したときには手で搾り出してやります。膿が残ると再び化膿することがありますからすぐに眼科で診てもらうようにしましょう。

 

なるべく自力で治したい人は、初期のうちに冷やすのも有効です。のちに温めてます。これは「温罨法」といって、昔は「つげ」のくしを温めものもらいのところに当てるという療法が良いとされていました。

 

大人で何度も繰り返してものもらいができる人は、糖尿病なども考えられるので一度検査してみておくといいです。

 

スポンサードリンク


 
TOP のどに異物が詰ったときは